So-net無料ブログ作成

2位じゃダメですか。

スパコン京が引退とのこと。

スパコンと聞くとどうも2位じゃダメですか発言を思い出してしまう。
歴史に残る名言だと思う。議論を活性化させたし、冷静になるきっかけを与えてくれる。

個人的には、2位狙いはだめ。気持ちの上でぶっちぎりの1位を目指して、やっとぎりぎり1位を取れるのが競争だと思う。なので、2位じゃダメなのか?という問いへの回答は「ダメ、1位じゃなきゃダメ。」です。「2位じゃダメなのか?」という議論に時間をかけるのは無駄。

それよりも重要なのは「どの分野で1位を目指すか」だと思う。この議論を深めてほしい。

スパコンの性能と言っても色々な尺度がある。
① 1秒当たりの計算能力
② 消費電力当たりの計算能力
③ 設置スペース当たりの計算能力
④ 100万円当たりの計算能力
⑤ 利用開始後の稼働率
⑥ (他にもいろいろあるはず・・・)

これまで議論が①に集中していた。1秒当たりの計算能力。PFLOPS。

次のスパコンを作るときは、まず、①~⑥のどの分野で1位を目指すのかを議論すべきです。資金、電力、場所を湯水のように使えば、当然性能の高いスパコンはできる。そういうことはアメリカと中国に任せておけばよい。

資源がない、土地が狭い、予算もアメリカ・中国と張り合うほどにはない、というのが日本の国情です。その国情に合ったスパコンを作ればよいと思う。例えば、②の消費電力当たりの性能で圧倒的にNo1のスパコンを作る、④の100万円当たりの計算能力で圧倒的にNo1のスパコンを作る、は素晴らし目標だと思う。

④のスパコンを実現できたら、国を発展させたいけど予算・資源が少ない途上国でもスパコンを買えるようになって、国際貢献になる。そのスパコンを生かして、途上国が素晴らしい製品を作り発展したら素晴らしいことです(核爆弾を作っちゃうかもしれないが・・・)。

まずは、どの分野でNo1を目指すか議論するのがよいと思う。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。