So-net無料ブログ作成

二重国籍

大阪なおみ選手の活躍で二重国籍が改めて注目されている。

個人的には賛成。

議論をする前に、前提条件を整理した方がいい。大きく分けて以下の3パターンだと思う。

① 日本人が、他の国の国籍を得る場合
② ハーフの子供
③ 外国人が日本の国籍を得る場合

①と②はご自由に2重でも3重でも国籍持ってくださいでいいのでは?
大阪なおみ選手は②枠でOK。ハーフの子の外国籍の親は永住権付与でいいかな。

③は難しい。おそらくほとんどの反対意見は③の場合だと思う。
まず、日本国籍の安売りはしないでほしい。日本に役立つ人にだけ国籍を上げるのがよい。まずは就労ビザからスタートし、日本のために貢献してもらい、最終的にご褒美として日本国籍を上げるのがよい。高度プロフェッショナル制度で日本で10年以上働く、とかでいいのでは。そういう人ならWelcomeだろう。単純労働は貢献としてカウントしない。

文化・芸術分野での貢献枠があってもいいだろう。パックンとジェイソンはここかな。

反対意見であるのは、外国人が日本を乗っ取る説。中国とか韓国を想定しているのだろう。これは、法律でちゃんと制限をすれば大丈夫だろう。
アーノルド・シュワルツェネッガーはアメリカ国籍を持っているが、アメリカ大統領にはなれない。なぜか。アメリカの憲法にこう書いてあるから。

Article II Section 1
5: No Person except a natural born Citizen, or a Citizen of the United States, at the time of the Adoption of this Constitution, shall be eligible to the Office of President; neither shall any Person be eligible to that Office who shall not have attained to the Age of thirty five Years, and been fourteen Years a Resident within the United States.

太字部分だけ訳すと「生まれながらの市民を除き、何人も大統領にはなれない」。生まれながらの市民(Natural Born Citizen)というのがポイント。シュワルツェネッガーは生まれながらのアメリカ国民ではないので大統領にはなれないのです。

日本もこれを応用すればいい。「生まれながらの日本人を除き、何人も選挙で選ばれる公職にはつけない」と法律で決める。いや、法律だと弱い。憲法に入れるのが一番安全かな。法律だと「法の下の平等に反する」とか言い出す人が出てくる。憲法に書いちゃえば文句を言われることはない。

あと、通名・通称禁止。日本国籍を取得するタイミングで、今後使う名前を1つだけ決めるよう法律で決める。

まとめると、2重国籍には賛成だが、ちゃんと条件を定めてほしい、というのが個人的な意見。

ただ、移民の議論が全然できていないのに、2重国籍の議論はまだまだ日本ではできないだろう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。