So-net無料ブログ作成

効率的な戦力の使い方

戦力を交渉カードとして使うのが、最も効率的な戦力の使い方だろう。

コリン・パウエルの「リーダーを目指す人の心得」という本を読んで思った。
291ページから始まる、ハイチでクーデターを起こしたセドラ将軍を追い出した際のエピソードが興味深い。ハイチは大阪なおみ選手のお父さんの出身地ですね。

リーダーを目指す人の心得 文庫版








そもそもハイチで何が起きたのか?Wikiを参考にざっと書くと、
ハイチはもともと政情が不安定な国だったが、1987年に新しい憲法が制定された。これに基づき、民主的な選挙が行われ、1991年2月にジャン=ベルトラン・アリスティドが大統領に就任した。しかし、就任して数か月後の1991年9月、ラウル・セドラ将軍がクーデターを起こし、アリスティドは国外に亡命した。民主的な選挙で選ばれた大統領をクーデターで追い出すなどアメリカ側が許すはずもなく、当時のクリントン大統領は軍事介入(アップホールド・デモクラシー作戦)を決定した。作戦の開始予定は1994年9月19日だったが、直前になってカーター元大統領やパウエル元統合参謀本部議長を特使として派遣し、最後の交渉を行った。交渉は難航したが、最終的に説得に成功し、セドラ将軍が退陣することで決着した。

この最後の説得の記述がとても興味深かった。以下この本からの引用。
「事態が決着したのは、退陣しなければなにが起きるのかを、(省略)説明した時だった。派兵規模と戦術を説明したあと、"明日には部隊が到着する"と告げたのだ。(省略)降りる潮時だとセドラも暫定政府もわかってくれたらしい。」(292ページ)

一言でいうと「脅し」である。そして、戦力を「脅し」として使うのが、最も効率的な戦力の使い方だと思った。戦争はお金がかかるし、お互いに犠牲者を出さないようにするのはほぼ不可能。
しかもどのような結果になるか、不確実性が高い。感情的になった第3国が突然参戦すると言い出すかもしれないし、見方が怖気づいて期待していた支援を得られなるかもしれない。下手に政府を破壊してしまうと、戦後にその国を再建する責任が降ってくる(この本の295ページの「壊した人が持ち主になる」も面白い)。

それよりも戦力を脅しとして使えば、戦争に伴って発生する厄介を避けることができる。実際に戦争するのではなく、「脅し」として使うのが一番効率的だと思った。武力に裏付けされた脅しも外交上の交渉カードの1つである。

「脅迫だ!ひどい!」という人もいるが、何をやってもいいのが外交だろう。戦争だって外交手段の一つだ(もちろん、国連とか国際世論の空気には十分注意を払う必要があるが)。日本の報道だと「外交の裏側」的に扱われそうだが、外交に裏も表もない。外交は(空気を読みつつも)持てるカードはすべて使うものだ、とこの本を読んで感じた。

なお、サダム・フセインのように玉砕を選ぶ相手もいるので、その場合は戦争になってしまう。


リーダーを目指す人の心得 文庫版



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。