So-net無料ブログ作成

インフルエンザ薬

画期的なインフル薬、耐性ウイルス検出

すごい薬だけど、やはり耐性ウィルスは出てくるのね。
せっかく開発したのにもったいない。もったいないというのは、製薬会社に対してではなくて、人類に対してです。

そもそもインフルエンザに薬を処方する必要があるのか?

インフルエンザ対策は、これが正しいと思う。
① ワクチンによる予防
② かかったら自然治癒。体力があれば別に死ぬ病気ではない。悪寒、関節痛はつらいけど。でも死ぬほどではない。
③ ②を乗り越えられなさそうな、体力の弱い人にはインフル薬を処方

「自然治癒する人にもインフル薬を処方 → 耐性ウィルスの発生 → インフル薬が効かず③の人が死亡」という流れになるのでは?

自然治癒する人にも処方して(安易な処方)耐性ウィルスの発生を早め、ゾフルーザの利益を享受できる期間を短くする。おまけに社会保険制度に負担もかかる。

自然治癒する人には処方しないで、③の人だけに処方するようにすれば、耐性ウィルスの発生を遅らすことができ、人類はゾフルーザの利益を長期間享受できる。社会保険制度の負担も軽くなる。

もったいない処方の仕方をしていると思う。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。