So-net無料ブログ作成

韓国が哨戒機を攻撃する可能性

1つか2つ前の哨戒機が撃墜されるリスクを書いたが、意外とあり得るのかも。

哨戒機を撃墜した場合の韓国側のメリット、デメリットを考えてみた。

メリット
・大統領の支持率アップ
・つばぜり合いが続いている中での攻撃なので、自己防衛と主張できる
・偶発的な衝突として処理するよう主張できる
・韓国側に犠牲者はでない
・北朝鮮情勢もあるので、日韓関係が悪くなることを懸念した国際世論のプレッシャーは少ない

デメリット
・世界中かあら非難を浴びる。ただし、韓国も日本もお互いに慎重に対応してほしい、という非難がメインだろう。→ 韓国にとっては痛くない。日本にとってはつらい。
・日韓関係が悪くなる。国交断絶もありうる。→ 韓国にとっては大したことではないかもしれない。日本は「大人の対応」が好きだから、経済制裁はあっても国交断裂さえないと思われているかも。
・日本から抗議される(が、反撃はされない)→ つまり、韓国側に犠牲者は出ないし、日本との戦争になることもないと思っているのでは。

韓国側の視点で考えてみると、哨戒機を攻撃するコスト(デメリット)が意外と少ない気がする。
韓国側にとっての最大のコストは国交断絶だろう。日本との貿易、交流が無くなったとしてどの程度の痛手なのだろうか?よくわからん。誰か金額を計算してくれ。

哨戒機を攻撃するコストが低ければ、韓国が攻撃を実行する可能性は大いにある。
韓国側のコストを上げる(攻撃しづらくする)ためにも、哨戒機にはしっかりとした護衛をつけるべきだろう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。