So-net無料ブログ作成

保育園落ちた2

ふと思いついたが、保育園の立地を人口集中を是正するための手段として使えるのでは?

つまり、
① 東京23区内では保育園の新規設置はしません!と決める。23区内の保育園は行政からの補助を0にして全額自費にしてもいい。「ちゃんとお金払います!」という人まで止める理由はない。
② 北総線の沿線とか、つくばエクスプレスの沿線とかを「人口誘導地域」に指定して、保育園を積極的に設置する。

①と②を国の方針として進めればよい。

考えらえるメリット
・「通勤に便利だから」とDINKS時代にマンションを買い、子供ができてから保育園が足りないことに気づいて「日本死ね」というアホが減る。
・都内でタワマンができても、子育てを前提としない人が集まるようになるから、学校が不足するといったことが発生しない。こういう問題を防げる(※共産党の支持者ではありません)。
・北総線の経営状況がよくなり、運賃が安くなる。
・人口流入が続き通勤地獄になっている田園都市線等の混雑が緩和される。
・都内で保育園用の土地を買うのは高くつく。千葉、茨城なら保育園用の土地を安く仕入れられる。
・千葉なら土地があるので保育園の建設が簡単。暴走老人の反対もない。建設後も「園児の声がうるさい」という苦情を心配する必要がなく、子供をのびのび育てられる。広い園庭も設けられる。園庭がない、ビルの中の保育園なんて嫌だ。
・多少年月はかかるが、東京圏の人口分布が適正化される。

書いているうちにちょっと考えがまとまった。要は、
「国が主導して、人口が増えたら保育園や小中学校の増設を確約する地域と、人口が増えても増設をしない地域を定める」
ということかも。そうすれば、デベロッパーが無秩序にマンションを建てることも無くなるのでは?だって、無秩序に建設しても子育て世代は買わなくなるから。

都知事は超反発するだろうな。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。