So-net無料ブログ作成

農業

農業は個人・家族で営むにはリスクの高いビジネスだと思う。

災害(台風、雨、地震、洪水等)、貿易自由化、消費者の嗜好の変化、高齢化、地球温暖化などなど、多くのリスクがある。このリスクは農家が個人・家族で背負うには大きすぎる。農家がかわいそうすぎる。大きすぎるリスクを背負っている。

そう考えると、もはや個人や家族で農業をしていくのは難しい。
農業の法人化を進めるべきであろう。法人化すれば、
・複数の地域で事業を行えば、天災リスクを分散できる。
・生産部門と研究開発部門を分けれる。研究開発部門であたらしい作物にチャレンジできる。
・後継者不足を心配しなくてよい。
・大規模化で効率化のチャンス。機械化もしやすい。
・若い人が加わればIT化も可能。

どうやって法人化するか
農業株式会社を作る。農家は土地を現物出資し、農業株式会社の株主になる。そうすれば、配当が年金になる。もちろん、元気なうちは生産部門で働いてもらってもいいし、栽培ノウハウの指導者として働いてもいい。ついでに、その栽培ノウハウをデータベース化する。

後継者問題も解決するはず。現状だと、農業への転職は無理。ハードルが高すぎる。農業を始める=起業となるため、リスクが高すぎる。起業したとしても、農地の取得、栽培技術の取得等様々なハードルが待っている。農業株式会社になれば、農業への転職のハードルは劇的に下がる。だって、通常の転職と変わらないのだから。低リスク。会社になれば、社内に入ってからトレーニング等で栽培技術を学べるし、土地も会社のものになるから心配しないでいい。

農協は嫌がるだろうな。

質の良い農地が耕作放棄地になるのはもったいなさ過ぎる。後継者のいない農家の人も同じように思うだろう。
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。