So-net無料ブログ作成

貸し渋り、貸し剥がし

貸し渋り、貸し剥がしという言葉をふと思い出した。世の中的にお金が余っているせいか、最近はほとんど聞かないが。。。

グーグルでニュース検索しても、リンク先の2018年9月の記事が最新のようで。

「貸し渋り、貸し剥がし」で銀行が叩かれていたが、ほんとうは「貸し渋り、貸し剥がし」をやっている銀行に感謝しないといけないのでは?とふと思った。

銀行が貸出すお金の出どころはどこでしょうか?私たちの預金です。老後のため、子供の教育のため、マイホームのため。いろいろな目的のために私たちがためている預金です。ペイオフがあるとはいえ、元本が保証されているから銀行にお金を預けるのです。リスクの高いところに貸し出すのはやめていただきたい。

銀行は「貸し渋り、貸し剥がし」で私たちの預金を守ってくれたのです。感謝すべきでしょう。

もし、「貸し渋り、貸し剥がし」の批判を再び受けたら、銀行はこう言えばよいと思う。
「銀行が貸出しに使うお金は、預金者の皆さまから預かった大切なお金です。預金者の皆さまは、元本が守られるということで、銀行を信頼して預けていただいています。ですので、銀行には預金者のお金を守る義務があります。」

そうすれば、銀行は預金者を味方につけることができる。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。