So-net無料ブログ作成

高野連最低だな。

高校生の野球部員が有料イベントに出たらだめらしい。

何がダメなのかよくわからない。個人的には2つの点でよくわからない。

① 今回の件が「商業的利用」なのか。ダンス発表会で参加料が500円だったらしい。で商業利用と・・・それに、500円の参加料を徴収できなかったら、このダンス発表会を開催できなかっただろう。イベントを開催するにも場所を借りたり、お客さん・手伝いの人に飲食を出したりでお金がかかる。利益を出すことを目指しているように見えないし、商業利用とは言えない気がする。

② そもそも「商業的利用」がなぜダメなのか。
500円とはいえお金を取る以上、お客さんには500円以上の価値を感じてもらわないといけない。お客さんのために、野球部員に出てもらってもいいだろう。お客さんが喜ぶ→来年も来てくれる→ダンス部もハッピー。で、野球部も謝礼を受け取れて活動資金を増やすことができたら、みんな幸せではないか。ソーシャルビジネスです。

お金は素晴らしいものです。稼ぐのは大変。でも、②のような流れを作ることができれば、多くの人を幸せにすることができる。高野連も、高校野球の入場者から料金を取り、テレビから放映料を取るべきだ。そのお金を、全国の高校野球部に活動資金として出せばよい。高校生が野球を頑張る→お金を払って多くの人が来てくれる→試合を楽しむ→自分たちの活動資金も増え、野球により専念できる。よい流れではないか。

大学のころ(といってもアメリカだけど)、クラブの活動資金は学校からもらうだけでなく、自分たちで稼いでいたな。懐かしい。パーティーを開いたり、イベントでドーナツを売ったりした。自分たちの活動資金は自分たちで集める!という趣旨です。今でも、当然だと思っている。

ドーナツに関してはクリスピークリームを売った。クリスピークリームにはFundrasing(資金集め)の支援制度があって、非営利の団体は一般の人より安くドーナツを買って、それをイベント等で販売することができた(アメリカ日本)。

日本「お金がないクラブがあるなら、お金がない底辺のクラブに合わせよう」
アメリカ「お金がないなら自分たちで稼ごう」
日本の考え方は足の引っ張り合いにしか見えない。アメリカの方が健全だろう。

商業を見下しているようだが、商業の力を甘く見ないでほしい。商業には多くの人を幸せにする力がある。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。